201702.11

❤Owner’sBlog『アニマルコミュニケーションとは?』

アニマルコミュニケーションとは、直訳すると

動物の気持ちを理解し意思の疎通を図る事。

 

アニマルコミュニケーターとは、一言で説明すると

ペットの気持を通訳する仕事をする人。

 

それなら、アニマルコミュニケーションの

個人カウンセリングってどんな感じなの?

 

イメージとしては、アニマルコミュニケータがそれぞれに

持っている資格や能力をアニマルコミュニケーションと

融合させてカウンセリングをしている、という感じです。

(詳しくは、またの機会に)

 

ペットブリスの個人カウンセリングは・・・

アニマルコミュニケーションに、状況に合わせて

カウンセリングやコーチングを融合して行っています。

ペットの気持ちだけではなく、

飼い主さんの気持ちにもフォーカスしているので

結果的に、飼い主さんカウンセリングになるケースも

少なくありません。

 

  ペットも聞いている状態での飼い主さんカウンセリングは

  飼い主さんの気持ちに対してペットも気持ちを伝えて来るので

  双方の気持ちのセッションによって対話が進むので

  飼い主さんにもペットにも、とても効果的なのです。

 

飼い主さんだって、様々な気持ちを抱えています。

赤ちゃんを育てるママなら

ママ友やご両親など、相談できる人を探せるけど

ペットの場合の悩みは・・・

 

シニアペットの飼い主さんの戸惑いや

ペットへの体調の心配、飼い主さんの気持ち的問題も含めて

・・・誰に相談すればいい?的な事は、実は意外といっぱいあって

病気という訳じゃないから獣医さんに相談する事でもなさそうだし

トレーナーさんにお願いする事とも違う気がするし

でも、すごく気になる事がある・・・とか

この子がいなくなったらペットロスになりそうで怖い・・・など

飼い主さんの気持ちの相談も少なくありません。

 

ペットたちは、説明されずとも鋭く反応していて

飼い主さんの心の内を察しています。

飼い主さんのコンディションは、ペットに影響を及ぼします。

 

ペットとの関係性の不調和のメンテナンスに必要であれば

飼い主さんの気持ちのサポートも必要不可欠

飼い主さんカウンセリングも関係性の改善には大切な時間となります。

ペットは飼い主さんと以心伝心し心で繋がっています。

飼い主さんの気持ちが変化すると

ペットの気持ちも、様子も、見違える様に変化するのです。