About Message理念・メッセージ

犬や猫をはじめとする動物たちの時間は私たち人間に比べて圧倒的に短く、何倍ものスピードで時間の階段を昇ってゆきます。

私には14歳と9ヶ月で天国へと旅立った「うちの子・レネ」がいます。(ブラックのラブラド―ル 女の子)
亡くなった今でも彼女は私にとって大切な存在です。レネとの時間は命の尽きる最後の瞬間まで至福と深い愛情に溢れていました。ペットとの時間は濃密な時間の共有。だからこそお別れが身を切られるほど辛い・・・彼女の命を通して向き合った経験は、私を成長させ人生観を変えるほどの力がありました。



  

「飼い主の気持ちのケアやガイドはどこ?」

肉体的老化が次々と起き始めると、ペットのために飼い主が選択をしなくてはならない事が増えて来ます。自分の選択が「正解」なのか不安になったり悩んだり後悔で自分を責めてしまう事もあります。心配症の私はいずれ来る『ペットロス』まで想像し気持ちが混乱する事も。『大切な存在を失う事への恐怖』はどこに?誰に?ナビゲートやサポートを求めればいいのか。探し求め見つける事が出来なかった私はアニマルコミュニケーションをはじめとした様々な勉強を始めました。そのプロセスの中で気づかされる事が問題を解決してくれる時間となりました。

限られた時間を、レネと一緒に幸せいっぱい悔いなく過ごしたいと願いつづける私の試行錯誤の心の旅、気づけば7年という歳月が流れていました。
ペットと過ごす家族は、何度かのターニングポイントを経験します。そのたびにガイド的存在が居ればどれだけ大きなサポートになるか・・・と感じる瞬間がありました。体調への不安、シニアペットと向き合う時間、ペットロスの長くて暗いトンネル、そこを抜けるとペットロスには向こう側がある事、レネとの経験や感じた思いの全ては「ペットロスに苦しむ人」や「ペットと向き合う飼い主さんの気持ち」の現実。あの頃の私の様な気持ちを抱える飼い主さんのサポートが出来たらという思いからペットブリスは生まれました。
 
ペットと飼い主の心は以心伝心・・・
飼い主の気持が変化するとペットにそのまま伝わります。レネと過ごす時間が今まで以上に濃密になり充実感を感じる様になると、レネに気づかされることや教えられることがいっぱい。この関係性が「ペットロス」に対して強烈な恐怖を抱いていた私の心に及ぼした効果は本当に驚きのものでした。(生前のレネの様子や、レネが天国へ旅立ってからの私の様子や想いはPetblissのブログで綴っています)
 
真実のコミュニケーションがもたらすものは実にリアルで、嬉しい事、辛い事、思ってもみなかった事など本当に様々です。一緒の時間を味わう事の大切さを実感しこれまでの日常を、感動や喜び、至福の時間へと導いてくれます。
 

『私の願い、そしてミッション』

「ペットと飼い主さんが会話が出来る事が当たり前の世の中にする事」

動物は動くぬいぐるみではありません。感情も意思も持っているし痛みだって感じています。生き物を飼うという事は、1つの命を守り育てる責任と覚悟が必要です。殺処分や心無い虐待、悪徳業者など人間が行う動物たちへの悲しい出来事が後を絶ちません。動物たちが生きやすい社会にするには、私たち人間側が変わる必要があります。まずはペットたちに一番近い存在である飼い主さん達に、ペットへの理解をもっともっと深めて欲しいと願っています。ペットたちは愛に満ち溢れたとっても素敵な存在です。ペットの考えている事が分かったら暮らしがより幸せに満たされます。そのことに気づく人が増えれば捨てられるペットは減るはず!動物の気持が理解できる人が増え社会へと広がっていってほしい。小さい一歩でも状況を変える事が出来ると信じています。



Petbliss主宰 舟山萩恵
プロフィールはこちら