以心伝心とか、テレパシーとか?

こんな感じでネルに見つめられると
私は反射的に「な~に?」とか
「どうしたの?」と
声をかけてしまいます。

でも、実はこれってネルから
「ママ、な〜に?」
・・・と、私が質問されているのでした(苦笑)

ご自身のペットちゃんに見つめられて
「何を考えてるんだろう」と思ったり、
「どうしたの?」とか「な~に?」と
質問している飼主さん、以外と多いんです。

質問を質問で返し合って
質問のオオム返しをしてる
ペットちゃんと飼い主さんの会話

でもこれ、両想いの証拠

ペットたちって
飼い主の気持と繋がっているから
どっちの気持なのか混同するほど
ビンビンに通じ合ってるんです。

それなら、なぜ私たちは
ペットの気持が分からないと
思ってしまうのか・・・

それは
ペットちゃんから感じ取った気持ちを
自分の気持だと勘違いするほど
互いに以心伝心しているからです。

テレパシーとか第六感とか
とにかく、以心伝心しまくり
んんんん???・・・って感じですよね。
でもね、実際にそうなのです。

例えば、先のお話のように
「ママ、なに?」というネルの気持ちを
感じとっているのにも関わらず
私は、自分が思った事の様に感じて
「ネル、なーに?」と質問しちゃう
・・・という流れ

ペットちゃんと飼い主さんは
気持ちが同調しやすく
互いの気持が心にスーッと馴染むので
ツーカーな感じです。

つながっている気持ちを疑ったり
時にはこんがらがったり、ズレたりして
混同したり混線しちゃう事もありますが

大丈夫です。
つながっていることを信じられない方も
以心伝心に不通を感じた方も
ペットブリスへいらしてくださ〜い♪

気持ちが理解できるようになります

関連記事

  1. アニマルコミュニケーション体験会

  2. アニマルコミュニケーションマスタークラス

  3. ペットは幸せホルモンのスイッチ❤