アロマオイルについて知ってきたい事

エッセンシャルオイルには品質によるグレード(等級)がある

アロマオイルとは植物から抽出される精油(エッセンシャルオイル)の事です。抽出される純度や濃度、内容成分などによって品質に違いがありグレード(等級)として選別されます。

アロマオイルは雑貨屋さんなどでもよく目にしますが、市場で売られているもののほとんどは雑貨扱いのパフュームグレードと言われているオイル。デフューズして香りを楽しむなど心的リラックスが目的なので、直接身体に塗布するためのものではありません。

セラピーグレード(治療等級レベル)と言われる高品質なアロマエッセンシャルオイルもあります。海外ではメディカルアロマとして代替医療(民間療法)で治療やお薬の代用として使用され、ペットクリニックで動物の治療にも使われています。

そのまま使ってはダメでしょ?

アロマテラピー(芳香療法)には3系統の流派があり使用目的も違います。

■イギリス式
アロマテラピー(芳香療法)として日本で広く知られているのがイギリス式。香りを楽しんだり、ボディートリートメントやマッサージなどでの心身のリラクゼーションが主な目的です。イギリス式ではエッセンシャルオイルを飲用したり身体に直接塗布するのは厳禁。必ずキャリアオイル(植物油)で希釈して使用します。

■ドイツ式
吸入する事で体内の器官や脳、細胞組織に働きかける事を主としています。ドイツでは芳香療法は自然療法の中の1つの医療形態として正式に確立されていて、投薬や治療にも使われ効果も認められています。

■フランス式
フランスでは医療目的で使用されています。香りだけでなく成分を利用し予防や身体の不調を整えるなどの自然治療(ヒーリング)に使われているので、治療や薬理作用としての科学的な臨床データーも豊富。成分分析や研究も進んでいて原液塗布や直接飲用として用いられています。

天然成分100%の高品質としながら、混ぜ物や変造した合成オイルも多く存在しています。セラピー等級レベルで、しかも純粋で内容成分の質が高い最高品質のエッセンシャルオイルは市場の中のほんの1%だとか・・・とても希少です。エッセンシャルオイルはグレードによって使用目的や使用方法が違ってくるので、オイル選びは慎重に。

どんなふうに活用できるの?

エッセンシャルオイルは『香り』だけではありません。それぞれの成分の持つ特性を活用すれば免疫力を高めたり身体の調整作用に働きかけてくれます。高品質のエッセンシャルオイルを使えば、お肌に合わせて天然成分100%の化粧水やクリームも作れるので、自分だけのオリジナルスキンケア―も可能に。使い方は多種多様、身の回りから化学薬品を減らす事もできます。

『ペットブリスが扱うエッセンシャルオイルについて』

ペットブリスでは世界水準以上の最高品質と言われるセラピー等級レベルのヤングリヴィング社のエッセンシャルオイルを使用します。シングルオイルの他にも、愛と喜びの波動を持つ周波数の高いオイルや、自分自身のクリアリング(浄化)、感情のリリース(解放)、ヒーリングやサポートをしてくれるオイルなど感情や精神の波動に合わせた多数のブレンドオイルもあり、ペットとのデイリーケアやシニアペットとの暮らしの中での自分とペットの心身両面のケア、ペットロスの時間を過ごすサポートなどペットと私たちのフィジカルだけでなくメンタルフィールドの強い味方としても奥深く、そして幅広く活躍してくれます。

ヤングリビング社のエッセンシャルオイルは、農薬に汚染されていない土壌で上質な天然水と有機肥料、害虫駆除もアロマオイルを使用する徹底した管理で育てられた植物から、最先端の技術によって最も適した方法で丁寧に抽出されるエッセンシャルオイルは業界の世界水準を超えた品質として科学的にも立証されています。100%ピュアで最高品質のセラピー等級レベルのエッセンシャルオイルなので、海外では、自然治療の1つとしても認められ医療を目的して人間だけでなく動物にも使われています。薬事法などの規定があり成分によっては「化粧品」や「食品添加物」として日本に輸入されています。芳香やお化粧品として使用する以外にも、食品添加物として認められるレモンやオレンジなどのフルーツから抽出されるシトラス系オイルやバジルやオレガノなどのスパイス系オイルはお菓子作りに使ったりハーブスパイスとしても、お料理に大活躍してくれます。

エッセンシャルオイルの最大の魅力は、心と身体の両面に幅広い活用が出来る事。日本に最初に入って来たのがイギリス式だという事もあり、フランス式やドイツ式の使用法に驚かれる方も多いのですが、使い方さえ心得れば目からうろこのペット&自分への活用術が沢山あります。オイルを安全に使う方法を理解し安心なオイルを使って『&ペットアロマライフ』を楽しみませんか?

&Pet Aroma Lifeのページへ戻る